【DAY205・タンザニア】ザンジバル島からアルーシャへ✈︎ セレンゲティ国立公園・ンゴロンゴロ自然保護区サファリツアー申し込み

【DAY205・タンザニア】ザンジバル島からアルーシャへ✈︎ セレンゲティ国立公園・ンゴロンゴロ自然保護区サファリツアー申し込み

2019年7月12日(金)DAY205


にほんブログ村

*本日のイベント*

・ザンジバル島からアルーシャへ

・アルーシャの「3wonders」でサファリツアー申し込み

 

ザンジバル島からアルーシャへ

宿からザンジバル空港まで

宿から歩いてこちらのダラダラ乗り場まで。

⬇︎maps.meではここ。

 

505番のダラダラが空港行きのため、

探して乗車。

 

ハイエース型のダラダラに無理やり大きいバックパックを持って、

乗り込む。

少し気まずい。

 

正規の運賃は400シリング/人(約19円)。

 

2019年7月から運賃が値上げしたよう。

車内に張り紙がしてあった。

 

 

2人分払おうとして、

1000シリング払ったら、大きい荷物代だと言われて200シリング返ってこなかった・・・

 

まぁ、200シリング(約9円)ぐらいええか。

 

25分ぐらい狭い車内を我慢して、無事空港に到着。

 

 

ザンジバル空港にて

今回のアルーシャまでの移動は飛行機を利用する。

 

Flightlinkという航空会社を利用。

預け入れ荷物込みで75米ドル/人(約8,020円/人)。

 

アフリカの航空会社にしては、かなり安い方ではないだろうか。

アフリカ旅の時間がないので、またまた飛行機を利用してしまった。

 

早めに空港に到着して、

ラウンジを使おうとしたが、あるのは国際線だけ。

 

国内線は荷物検査をして、中に入ってしまうと、

待合室しかなかったので、入り口のレストランで朝食を。

 

朝ごはん:ザンジバル空港のレストラン

朝ごはんを注文。

2つで31,000シリング(約1,445円)。

このクオリティでこの値段・・・・。

 

空港価格高すぎる。

味は普通。

 

wi-fiを使用しながら、時間を潰す。

 

ザンジバル空港からアルーシャ空港へ

こちらの入り口から荷物検査を受けて、

国内線発着の待合室へ。

 

出発前に簡素なカウンターでチェックイン。

 

搭乗券はこんな印刷された紙やった。

 

バスに乗って、飛行機へ。

 

飛行機と言っていいか分からないような小型のものやった。

 

中もやっぱり普段乗っているものに比べてかなり小さい。

 

席は自由席。

 

 

乗客が乗り込むと、早々に離陸。

 

ザンジバル島が見える。

 

海が綺麗。

 

また必ず来たいなと思えるゆっくりした空気が流れる島やった。

 

1時間15分の空の旅は一瞬。

すぐにアルーシャの空港に到着。

 

アルーシャの空港は国内線空港だけあって、

かなりこじんまり。

アルーシャの空港から宿へ

アルーシャの空港を出ると、たくさんの車が止まっている。

 

止まっているのはサファリの車ばかり!!!

迎えに来てもらって、サファリツアーに行くのだろう。

 

僕らは現地ツアーを申し込む予定。

 

空港から街まではタクシーがあるが、

かなり高め。

看板には20米ドルとか書いてあった。

 

アフリカはタクシーが高すぎる。

 

そんなこともあって、

本日はあやか(仮)が送迎無料の宿を予約していてくれていた。

20米ドル払うなら、少し高くても、送迎無料の宿の方がお得。

 

少し遅れて宿の方が到着。

無事合流できてよかった。

 

そして宿へ。

 

宿:Arusha Giraffe Lodge

 

アルーシャの宿は点数のよかったこちらへ。

 

立地は決してよくない。

アルーシャの街からはかなり離れている。

歩いては行けないだろう。

 

ただ空港の送迎が無料だったり、

街に出るときには無料で車を出してくれたり、迎えに来てくれたりする。

そのため、立地に関してはそんなに苦にはならなかった。

 

到着した際、ジュースを出してくれたり、

おもてなしがありがたい。

 

初日泊まった時は僕らしか、宿泊しておらず、ゆっくりすることができた。

 

部屋はこんな感じ。

 

ホットシャワーも利用でき、水圧もなかなかいい。

 

wi-fiは普通。

 

1泊69,500シリング(約3,242円)。

 

少し休憩して、車でアルーシャの街の中心部まで送ってもらった。

 

昼ごはん:Kulan Restaurant

昼ごはんは地元民で賑わうこちらのレストランへ。

 

店内はかなり混み合っていた。

 

僕らも相席でテーブルに着く。

 

英語はほとんど話せないが、

ジェスチャーを交えて会話。

 

周りの人はみんな同じようなメニューを頼んでいたので、

同じメニューが食べたいとジェスチャーで相席の人に言うと、

注文してくれた。

 

注文したのが、こちら。

 

 

ご飯の上にカレーのソースがかかっている。

具もかなり大きくて、ボリュームがすごい。

 

味は海外で食べるカレーのような感じで、美味しかった。

 

量が多すぎて、少し残してしまった。

2つで14,000シリング(約653円)。

このボリュームでこの値段。

満席なのも頷ける。

 

⬇︎メニュー(一部)

サファリツアー申し込み

僕らがアルーシャに来た目的はただ一つ。

アフリカサファリの最高峰「セレンゲティ国立公園」と「ンゴロンゴロ自然保護区」で

サファリをすること!!!

 

サファリはアフリカの各国でもあるが、

中でも見られる動物の種類で考えると、タンザニアのサファリは最高峰みたい。

 

その分、他の国のサファリに比べて費用はかかるが、

ここは行っとくしかない!!!

 

ということで安い現地ツアー会社探し。

 

日本人がよく利用するという「3 wonders」、「Wanyama Africa Safari」という

会社に行ってみた。

 

3 wonders

最初は「3 wonders」。

 

Google mapでは異なる場所が表示されるが、正しい位置はこの辺。

ただ、場所が異常に分かりずらい。

 

周りにいた人に聞いて、ようやく見つけることができた。

扉にひっそりと「3 wonders」と書かれている。

 

中に入って、ツアー詳細を聞く。

 

ツアーの詳細を聞いてみると、

2泊3日と3泊4日のツアーを紹介された。

 

それぞれのツアースケジュールはこんな感じ。

 

2泊3日ツアー

1日目:アルーシャを早朝に出発。ンゴロンゴロ自然保護区を通り抜けて、奥にあるセレゲンティ国立公園へ。

セレゲンティ国立公園ではゲームドライブを行いながら、キャンプ場を目指す。

セレゲンティ国立公園内のキャンプ場に宿泊。

2日目:早朝からセレゲンティ国立公園をゲームドライブ。昼過ぎにンゴロンゴロ自然保護区へ移動。

ンゴロンゴロ自然保護区内のキャンプ場に宿泊。

3日目:早朝からンゴロンゴロ自然保護区内をゲームドライブ。

昼過ぎにンゴロンゴロからアルーシャへ向けて移動。

アルーシャでツアー終了。

 

3泊4日ツアー

1日目:アルーシャを朝に出発。タランギーレ国立公園へ。

タランギーレ国立公園をゲームドライブ。

タランギーレ国立公園周辺で宿泊。

2日目〜4日目:2泊3日ツアーと同様。

 

気になる価格は、

2泊3日500米ドル/人

3泊4日600米ドル/人

 

この金額に入園料・車代・ガソリン代・宿泊費・食費等全て含まれている。

逆に含まれていないのは、ガイドとシェフのチップ。

(ツアーには、ガイド兼ドライバーとシェフの2人が同行する。)

 

ちなみにこの値段だが、宿泊はテント泊。

入園料とかが高いらしい。

実際の利益はどれぐらいか、すごく気になる笑

 

ここから値下げ交渉。

しかし、対応してくれた若いスタッフの人がなかなか強気で、

全然値下げしてくれない。

 

そこから長い長ーーい価格交渉の末、

2泊3日480米ドル/人

3泊4日580米ドル/人

 

ここまで聞いて、他のツアー会社も聞いてくると言うと、

スタッフ「他のツアー会社に聞いてもいいけど、うちの会社は安いから

あなた達は必ず戻ってくる。

とかなり強気の発言。

 

早速他のツアー会社にも行ってみた。

 

Advertisement

 

Wanyama African Safari

場所はこちら。

 

こちらも場所が分かりづらく、

周りの人に聞いてようやく到着。

 

ここも日本人がよく使うツアー会社のよう。

 

ツアーの詳細は2泊3日のツアーと3泊4日のツアーで

ツアー内容は上に記載したものと同様。

 

値段は

2泊3日510米ドル/人

3泊4日650米ドル/人

 

やっぱり高い。

そして値引きしてもらえる雰囲気ではなかった。

やっぱり「3wonders」に戻る。

 

あの若いスタッフの言う通りになってしまった。

少し悔しい。

 

3 wondersでツアー申し込み

「3wonders」のツアー会社に戻る際、

サファリツアーの斡旋をしている人に声をかけられる。

 

斡旋の人「サファリツアーを探していないか?

僕ら「もうツアー会社は決めた。3wondersで申し込む。」

斡旋の人「なら俺が連れてってやるよ。ついてきな。

僕ら「場所を知っているので大丈夫!

と断る。

斡旋の人「案内してやるよ。怖がらなくていい。

と僕らの前を歩いてくる。

全然怖がってはない。

鬱陶しいのだ。

 

どうせ自分が紹介したことにして、

ツアー会社からコミッションを貰おうという魂胆だろう。

そんなのしたら、ツアー代金が上がってしまうので、

無視して歩く。

 

結局走り気味でツアー会社に到着。

斡旋は店の前の人に言われてようやくどっかに行った。

 

サファリツアーは現地の人からすれば、

かなりの高額なのでコミッションを貰えれば、

かなりの収入になるのだろう。

 

 

そしてツアーの申し込み。

 

今回僕らが行きたかったのは、

「セレンゲティ国立公園」「ンゴロンゴロ自然保護区」であったため、

2泊3日のツアーを申し込むことに。

 

2人で合計960米ドル!!!

 

信用しているが、念のため、

今日半額の480米ドルを支払い、

当日残りの480米ドルを支払うことにした。

 

帰りはその若いスタッフが宿まで車で送ってくれた。

 

これにて申し込み完了ーーー!!!

明日からサファリツアーや。

 

夜ごはん:宿deごはん(Arusha Giraffe Lodge)

夜ごはんは宿の近くにレストラン等もないので、

宿に併設のレストランで。

 

アボガドサラダとパスタとチキンの料理を注文。

 

料理が出てくるのにはかなりの時間がかかる。

そこはやっぱりタンザニア。

 

前菜でポップコーンが出てきた。

 

そこからさらにしばらく待って、

ようやく出てきた笑

 

チキンはまずまずの味だが、

パスタがなんか違う。

 

これをパスタとは呼ばない気がする笑

味も微妙だったみたい。。。

 

値段は合計で30,000シリング(約1,400円)。

やっぱり宿だけあって、値段は少しお高め。

 

明日からはいよいよサファリ!!!

楽しみすぎるぞぉぉぉ!!!

 

今日はそんな日

 

⬇︎もしよろしければ、下のボタンを押してください。

ブログを続けるやりがいになります!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

Advertisement